« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

イカダイ

平成20年11月22日(土)若潮・天気晴朗なれど波高し

結果は惨敗でした。

先日、大磯でアカカマス釣りをやり、色々反省。その内の1つが竿。

私は、先調子の竿が無い。それで、考えた末「ヤリイカ竿」を衝動的にヤフーオークションで落札。落札したのはいいが、来年までどうする?

イカはやらないし~  色々ネットで見てたら「イカダイ」なるものがあるらしい。

そしたら、えいあん丸のリクエスト乗り合い船で「イカダイ」発見。8時出船で、電車でも間に合うし、三浦海岸まで送迎あるし。これで、竿は使えるし、ヤリイカ釣りは出来るし、端物釣りは出来るし、初初尽くしの釣行と相成りました。

当日は3連休の中日。京急品川駅は釣り人が普段より断然多い。三浦海岸駅でも50人前後の釣り人が降りた。えいあん丸は、鬼かさごの釣り客を含め8名満員で出発。港は、朝市が開催されていて渋滞が始まっている。鬼カサゴ船は満杯。こちらの「イカダイ」船は予約客8名で出発。

最初、洲崎沖のイカ船団へ突入。初めてのヤリイカ釣り。ところが、風が強く、一投目は仕掛けが絡んで手前祭り。右舷ミヨシはかなりの上下運動。やっと、仕掛けを降ろしたら、80メートルでお約束のサバちゃんのご挨拶。何とか仕掛を着底させて誘ってみましたが、ラブコールは無い。周りでも上がっている様子は無い。スルメが2~3匹上がる。場所替えし、初めてのヤリイカのソフトタッチのご挨拶が来ました。オーオーこれが、ヤリイカの感触か!!

中速で巻き上げ、足切れ2回経験。3回目に、今まで以上のタッチタッチ。慎重に巻き上げ開始。190メートルが永い永い。やりました、いきなりの3点掛けであります。隣のベテランを差しおえて、右舷初のヤリイカゲット。

しかしその後が続かない。若船長が、大移動を宣言。沖の瀬まで飛ばします。周りの船も同様に、一路沖の瀬へ。

そこで2杯追加し、いよいよ端物狙い。しかし、フグ?に噛まれて餌はパ~。風は治まらず、気分は最悪、久しぶりに船酔いです。

お土産確保と当初目的であった「ヤリイカ竿」による「ヤリイカ釣り」にチェ~ンジ

隣の方は、この時点から本格的に「イカダイ」へチェ~ンジ。残り1時間半。

ドラマは起こりました・・・隣の方に

端物竿が、ググッツと海中へ突き刺さり、「キターーー」って感じです。余裕でリールを巻き上げています。

私はイカの仕掛けを誘い上げ、元に戻した瞬間、大きな生物反応が、ガンガン引きます。咄嗟にドラグを緩めますが、グングン引きます。ヤリイカ竿が、海中に突っ込みそうです。なだめなだめリールを巻きますが、3号ハリスのヤリイカ仕掛けに掛かった魚。水深150メートルから100メールまでは、かなりの引き込みが何度もありました。しかし水深40メートルまででした。逃がした魚はデカイ。

その頃、隣の方は約3キロの綺麗な真鯛を上げていました。

ほとんど同じ時間帯、水深、場所ですから、私に掛かったのもタイかもしれません。揚げてみなければ何とも言えませんが。

また、新しい釣りに出会いました。ヤリイカ3杯は、30センチ級1匹は沖漬けに、40センチ級2匹はお刺身にして戴きましたが、アッと言う間に完食でした。

このヤリイカ竿の82調子は、ナイスです。次回はこれで鬼カサゴでも挑戦してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

第3回江戸歴史文化検定受検

11月3日文化の日(月)曇り

107 108

2ヶ月程前、家内と三田線に乗っていた時、何気なく電車の広告で「江戸歴史文化検定」が有る事を知りました。家内が「東京生活も永くなったことだし、一緒にやってみようよ」と提案、久しぶりの受検勉強を始めた次第です。

参考書を買って、二人で回し読み。「へーそうなの、知らなかった~」意外にバカにしていたものですが、舐めたらアキマセン。

上野、新宿、八重洲、用賀、三田、白山、茗荷谷、板橋、水道橋、芝大門、麹町等々、住んだり勤務したりしているが、歴史とは無縁な夫婦。

意外に近くに、名所旧跡があるものです。付け焼刃で、神田神保町の専修大学校舎へ9時半頃到着。居ました居ました老若男女が!!昨年は、延べ95百人が受検したとのこと。我々が受検する3級は36百人、合格率約7割。

1115 1116

神田神保町の大半の大学は、受検施設になったものと思われます。暫らくぶりの大学キャンパスと思いきや、皆さん参考書片手に最後の必死のお勉強。

しかし、馬鹿にしてはいけません。90分はあっという間に過ぎ、楽勝と思っていた試験は、アレーと言う感じ。後で答え合わせをすると、意外なケアレスミスや、まるっきり分からない問題もあり、何とか夫婦で合格ラインへ。

1117 1118 1119

会場を出ると、柴犬の「綱吉」君がお出迎え。参りました、江戸検のマスコットとか。

折りしも、全国読書週間の合わせた「神田神保町古本祭り」が開催されており、ランチを求めて散策開始。

まずは、お気楽夫婦揃って初めての「手相診断」 なかなか、含蓄の有るお言葉を頂き、明るい未来がチョットだけ見えました。

1120 1121 1122

1123_2

いよいよ、突入です。1124 1125

会場を抜け、法政大学から御茶ノ水駅へ上がり「昌平坂学問所」「神田明神」へ。最後は、やちゃば跡地の秋葉原まで散歩して帰ってまいりました。

100_2 101 102 103 104 105 106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

断然面白いぞ、アカカマス釣り

またまた、新規釣り物デビュー。その名も「アカカマス」場所は大磯港「恒丸」

11月2日(日)3連休のど真ん中、曇りのち晴れ、中潮、波静か

朝4時に、アッキーさんに自宅までお迎えにきていただき、いざ大磯へ。駒沢当りから首都高、そして東名へ。順調すぎて、5時半頃には港到着。この時間でも、港は釣り客でごったかえしている。6時に、メンバー13人が集合。くじ引きによる座席決め、釣り方の説明、そして右舷左舷でのチーム対抗戦などが発表。本日は、チーム城南での貸切だ。メンバーの半数位は、アカカマスが初めてとのこと(ほっと一安心デス)左舷胴の間に座り、いざ出陣。

7時半前には、実釣開始。自作の仕掛けに、持参の餌。1時間位色々試したが、ダメダメ。周りは、釣れている。頭の上から船長が「仕掛けと餌を店のやつと変えなきゃ釣れないよ」とご託宣。ありがたいお告げに、素直に従います。「釣り方も変えなくちゃ」ハイ、判りました。

ところが、合わせのタイミング、強烈なフッキングの仕方が、頭ではそれなりに想像出来るのだが、体がその通り動かない・・・トホホ

私だけ生物反応が無いまま、1時間位で大きく場所変え。40分びしょ濡れ。先ほどの場所も相当数の船がいたが、みんな見切りをつけて大移動。これが正解で、最後までここで釣っていました。

9時半頃かな、ピクピクと言う正に初めての生物反応が、わが竿先に現われたのです。合わせを入れ、高速で160メートルを巻き上げると、お隣とオマツリ。そちらは無事アカカマス一荷で上げ、次は俺の番だと巻き上げると生物反応が無くなっているでは有りませんか。船長が一言「合わせが、弱いな」

「カワハギとタチウオの様な釣り」と言われていましたが、カワハギは先日デビューしたばかりだし、タチウオはやったこと無いし・・・

しかし、独特の最初の当りですね。次は何とか判ってやっと巻き上げたら、取り込む瞬間にハリスが緩みハイさようなら(デカカッタなー)

なんやかんや、色々試して10時半くらいでしょうか、1匹目が釣れたのは。

アカカマスは、温かく、脂で光っており、独特の光沢を放っています。しばし、見とれていました「今ので良いんだよ」と船長。まるかつさんも、アキラさんも一安心という表情が見えておりました(ご心配をお掛けします)

その後、一荷、トリプルもあり、12時時点で9匹の追い上げ。トップ10匹ですから、まずまずかな(最終的には、私9匹、まるかつさん、カンコさんが13匹のトップとなりました。左舷にお二人が居たお陰で、左舷チームが勝利)この頃になると、大マサバ、大鯵、白ムツと外道も連れ出し、楽しい一時で有りました。途中写真を撮る余裕も無く、熱中した次第です。

竿、仕掛、餌、当りの判別、合わせ・・・どれを取っても反省の一言。しかし、面白い。リベンジ必至です。

本当に、アカカマス釣りは期間限定の超面白釣り物です。家族にも、刺身、塩焼き、潮汁が大好評で、マサバの大トロ刺身と共々早くも来年の釣行予約リクエストが出た次第です(ラッキー)

参加された皆さん、大変お疲れ様でした。また、近いうちにやりましょうね。

1103 1104 1105 1106 1107 1108 1109 1110

1111 1112 1113 1114

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »