« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月15日 (月)

魚の出てこない釣行記IN勝浦

本当は「根魚天国勝浦釣行記」と題を決めていましたが、前日遊びすぎたのか、惨敗に終わってしまいました。でも、とっても楽しい一泊二日のプチ遠征でした。

9月13日(土)快晴・大潮・満月(中秋の名月1日前)901 902

              

10時に自宅を出発、埼京線、丸の内線を乗り継いで、東京駅外房線の乗り場に到着。11時発なのだが、超満員。やっとの事で、座席を確保。取り合えず、今回の無事と大漁を祈願して乾杯デス。920 921                                                    

12時28分、勝浦駅到着。本日は「勝浦市制50周年記念祭り」の中日とのこと。祭り見学の前に、地元で評判の寿司屋「成田屋」へ直行(駅から徒歩7分程度)

気温はもう30度以上。店内は、私が入って満員デス。電車といい、寿司屋といいラッキー。最初は、生ビールと自家製塩辛です。良い塩梅の塩辛が堪りません。

905 906

922

続いて、地酒冷酒「腰古井」と鯵のたたき。辛口に鯵の甘さ、旨さが馴染みます。907_3

そして閉めは、地魚寿司の握り。アオリイカ、真鯛、マコカレイ、ハタ等々が新鮮で、各々の旨味をさりげなく主張しています。908_2 909_2 910_2

いよいよ「勝浦市制50周年記念祭り」へ突入です。911_2 912_2 913_2

16時頃民宿到着。近所にある、明日乗船する清勝丸さんへご挨拶。すごく感じが良い船長さんと奥様でした。明日は、期待大です。914_2 915_2

14日(日)午前2時に船長が迎えに来てくれて、無事港到着。先客1名。3時15分出航。我々グループ4名、ベテラン3名の7名を乗せて、真沖に約1時間強走って釣り場に到着。途中、艫にいたベテラン3名の景気良い話「前回はデカイ黒ムツ5匹に、キロ級鬼カサゴ4匹釣った。間違いない」を聞きながらでした。「但し、サメが多い」とも言ってましたが・・・・・・

一投目、誘っていると、右舷ミヨシのまるかつさんが早くもいい引きを見せながらリーリング開始。こちらも負けじと誘いを入れていると、引っ手繰るようなガクガクガクと言う引き。水深140メートル。まるかつさんは、もう遠目にもデカい黒ムツを取り込んでいる。こちらもあと少し、残り30メートル。その時ガックックと大きく強い引きで、竿が曲がる。数秒後、竿のしなりは戻り、生物反応が無くなった。憎くきサメである。左舷艫もやられている。それから、3連荘でサメの餌食。私の黒ムツ、返して~~~~~~~

その後場所移動するも、不発。ここでの黒ムツ釣りは、夜明け前にサメを交わしていかに釣るか。流石、まるかつさん・・・腕の差がでました。降参です!!

赤い魚も不発で、結果、ノド黒3匹、メダイ1匹、なぜか50センチのスルメイカ1杯の大貧果。船長もこの暗い雰囲気を察知し、10時から残業宣言。「戻りカツオを一人一本取るぞーーー」

これが面白いのなんのって!!カツオは釣れるは、シイラは釣れるは。それも手で引っ張るから、魚の引きがダイレクトに伝わり最高です。釣ったら、頭をたたいて、即死状態へ、その後クーラーへ直行です。 918_3

919_2

20984814_1149910235s_2 20984814_773549466s 20984814_1111481054s 20984814_3655380615s 20984814_2490195440s 20984814_4236491564s 20984814_4229136509s

釣った(頂いた)カツオは4キロ弱。その日、家族で5人で刺身でガッツリ頂きました。脂が乗っていて大好評でした。本当に美味しかった(渡辺船長ご馳走様です)スルメイカは、肝和えで頂きましたが、甘くねっとりとしてグーでした。翌日15日は、まるかつさんから頂いた黒ムツとメダイの刺身、ノド黒の煮付け、アラ煮と引き続き大満足。黒ムツは一日寝かしたので、脂が回って美味、美味。

まるかつさん、とくさん、としぼうさん・・・ありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 4日 (木)

満足、満足

二ヶ月振りの釣り、満足、満足でしたhappy01

9月3日(水)大潮、久里浜、巳之助丸、7時20分出船sunsun

831

6時50分頃到着すると、先着5名様。カワハギは2船、太刀魚1船で満員。右舷ミヨシに着席、隣のおじさんと朝の挨拶、感じが良い(ラッキー)、総員6名での大名釣りとなりました。

832

833 834

40分位走り、富浦沖へ。第一投から35センチ級のアジがブルブル掛かる。棚は底から5メートルだが、潮がトモへ流れ底立ちが難しい。それに二枚潮、水深約90メートル。ビシ150号が、横に流れていく。3連荘で抜き揚げるが、その後が続かない。船長曰く「反応はビッシリあるのだが、何が気に食わないのか?食わないなー」半径20メートル位の場所を頻繁に移動し、その度にぽつぽつ掛かってくる。

でも、型が良いから、底から上げるまで何度も引き込み迫力満点。アジじゃないみたい。2号ハリスが切れそう!!11時時点で25匹。餌は、赤タン、イソメが配られましたが、ほとんどイソメしか食わなかった。その後、入れ食いも有り2点掛けも3回ほどあり14時30分沖上がりとなりました。結果、33~39センチが40匹の大漁でした(乗船の他の方は、30匹台が1人、後の4人は10匹台でした) 外道は、メバル1匹、サバ2匹でした。小さなサバは、1回も回ってきませんでした。帰ってからご近所に配ったのですが、中にはお魚が捌けない御家庭もあり予想してたとはいえ考えさせられた次第です。835

でも、海釣りって本当にイイナーfishsmile

(久々のブログ更新となりました。色々野暮用がありまして・・・・・  今回の写真は全部携帯電話のものですが、ナカナカですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »