« アコウ 一勝一敗 | トップページ | 小石川後楽園 »

2008年1月31日 (木)

黒ムツ・メダイ

1月の土日は、寒くて天気が悪く、ナカナカ釣りに行けません。有給休暇の消化を口実に、天気が良さそうなので30日(水)久しぶりに三浦海岸海外の伊三郎に行ってきました。

前日に港までの送迎を予約して、始発電車で京浜急行三浦海岸駅に到着。駅には10台位の、釣宿の送迎車が集まっています。20人位の釣り親父が、それぞれ目的の車に乗り込んでいきます。

港に着くと、9名がすでに乗り込んでいて、私は左舷胴間に滑り込みです。乗り込んで直ぐに出航、15分くらいで釣り場に到着。多分今までで一番港よりの場所じゃないかな。

1投目220メートルで小キンメ1枚、2投目25センチ黒ムツ1匹3投目途中バレと飽きない程度にあたりがあり楽しい。中深場で、これ程頻繁にあたりがあるのも珍しい。

5投目誘いあげた途端、強い引き。途中何度もグッグッと、激しく引いたのは、52センチメダイと30センチ黒ムツの一果。

左舷の方は全員ベテランらしく、次々に黒ムツ、キンメ、メダイを上げていきます。10時頃までは、ほぼ入れ食いです。場所も移動無し。その後13時頃までは小康状態が続き、また1月には珍しいポカポカ陽気で凪、ビールが美味しい。今日は運動不足解消のため、投入以外は全部手持ちでやりましたが、結構きつく、汗をかくくらいです(本日、筋肉痛です)

13時半頃から、また潮が動きがしたようで、またポツリポツリ船中で当りが出始めました。私も手持ちで誘い続けていると、グッと引き込み。メダイかと思ってあげていたら、左隣の方がも同時ヒット。残り22メートルで右舷2番目の人とお祭り。この人は、私の右隣の人ともお祭りで解いている最中。しょうがないので待っていると、左隣の方がはメダイと黒ムツを同時に引き上げている。その仕掛けにまた私の道糸がお祭りし、メダイをタモで取り込んで黒ムツを取り込むときに、私の道糸があっけなく切れてしまった(アレーー)仕掛け側の道糸を持っていたので、必死に手繰り寄せて、右舷の方の錘を取り込んで仕掛を切った。その後道糸を結びなおし、何とか巻き取ったらなんと当日最大の40センチの黒ムツでした(ラッキー、ホッ)

最後の見せ場は、沖上がり直前の14時半頃でした。仕掛を投入して、棚を仕切りなおしてお手洗いに行ったら直ぐ、竿が突っ込んだそうです。私が席に戻ると左隣の人が一合わせしていてくれていました。手持ちで上げ始めると、ギュンギュン引きこみます。メダイです。十分に楽しみながら手持ちで上げてみると、一番上の針にガッチリと針掛りした午前中と同程度のメダイです(オイシソー)

メダイ2匹、黒ムツ8匹、キンメ1匹、白ムツ1匹、カサゴ2匹、ゴマサバ1匹

刺身、味噌漬け、粕漬け、煮付け、アクアパッツオで頂く予定です。絶好の釣り日和に恵まれ、また釣果も十分過ぎる位で、運動不足解消の大満足の1日で有りました。

30 31 32

|

« アコウ 一勝一敗 | トップページ | 小石川後楽園 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/289593/10170537

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ムツ・メダイ:

« アコウ 一勝一敗 | トップページ | 小石川後楽園 »