« 大アジ 大漁 | トップページ | 黒ムツ・メダイ »

2008年1月18日 (金)

アコウ 一勝一敗

待ってました、アコウの季節。電車釣行派の私としては、金沢八景の一之瀬丸さんが唯一のアコウ退治の船宿です。

12月28日(金)本シーズン第一回目・・・見事なカンボでした。 6時40分頃に到着すると、一番最後に席取りとなり右舷ミヨシ2番に入ることになりました。内心ラッキーと思いつつ、準備開始。最初に上がったのは、左舷ミヨシ2番の方(約2キロ)、次も同じ方に2匹(約2.5キロ)!! それから、左右ミヨシの方が1匹つづ。この3人で10匹を取り込んでいました。後の方、カンボです。トモの方は、魚信すら無かったのでは?

私は、巨大ドンコ4匹とスミヤキ2匹でございました(トホホ)ドンコの肝は大きく、煮付けはさっぱりとした白身と肝の脂でべりグーでした。2匹を味噌漬けにしたのですが、白身が締まってまた格別の味でした。スミヤキは初めて釣った魚です。三枚に下ろし、スプーンで身をこそいでナメロウにしたところ、白身のわりには脂があり、ご飯にピッタリのおかずになりました。

21

平成20年1月6日(月)初釣りです・・・綺麗な1.5キロを1匹上げました    本日は左舷ミヨシ1番です。隣は、茨城県守谷から来たご夫婦。天気は快晴で、汗ばむくらい。波は無く、凪倒れとなってしまいました。右舷1,2番の方が、連荘で上げてきますが、スミヤキのオンパレード。私は、1投目、三角頭のエイリアン・・・トウジンを上げました。刺身でいただきましたが、なかなかイケました。その後、スミヤキ2匹を釣り上げ、5投目くらいで待望のアコウとご対面となりました。目も出ておらず、全身綺麗な濃いオレンジ色で、ホーという感じです。当日は、トウジンとスミヤキで満腹となり、アコウは2日目に鍋と刺身でいただきました。

22 23 24

本日もミヨシ有利となりました。最後の1投に明確なあたりがあり、慎重に巻き上げてきましたが、風が強くなり船が大揺れで、ラスト50メートルあたりで軽くなり、痛恨のバラシをしました。最後くらい竿をちゃんと手持ちにしないと・・・反省反省。電車釣行派最大の魚であり、今シーズンも頑張ります。                

|

« 大アジ 大漁 | トップページ | 黒ムツ・メダイ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/289593/9949424

この記事へのトラックバック一覧です: アコウ 一勝一敗:

« 大アジ 大漁 | トップページ | 黒ムツ・メダイ »