« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

やっぱりムール貝

やっぱりムール貝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントワープ再び

アントワープ再び

昨年10月に、某財団主催の研修会で2週間程、総勢22名でヨーロッパに行ってきたのですが、自由研修時間が有り、メンバー4人で「アントワープ」に1日いった訳であります。全員初対面で、年齢、職業も違いましたが、非常に楽しい時間を過ごす事が出来た次第です。本日は、久しぶりに「アントワープ4人衆」で東京駅南口側の「アントワープ」と言うベルギービールを飲ませる店に集合した次第です。次回は、大津か仙台か水戸で開催予定です。

Dsc00468 Dsc00474 Dsc00478 Dsc00479 Dsc00480 Dsc00482 Dsc00484 Dsc00487 Dsc00506 Dsc00508

Dsc00488

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

黒部の太陽

7月13,14日に、家内と「黒部方面」へ行ってきました。旅行会社の格安パックツアーでしたが、大満足の2日間でした。参加者は総勢70名程で、熟年カップルが大半です。「我が家が一番若い」と言ったら、「皆そう思ってる」と家内に笑われてしまいました。

Img_2450 Img_2461

Img_2462

ご存知、「黒4ダム」です。ガイドさんによると、年に1人位は落ちるとか?確かに、ガードの間は大人でも通れます。

Img_2470

この地ビールは、ドイツ風で3種類あり、コクがあって美味しいです(350円)

Img_2489 Img_2495

ロープウェイでたどり着いた先は、万年雪の世界です。その雪解け水で入れた「水出しコーヒー」は絶品です(850円)

Img_2519 Img_2559

定番のトロッコ電車は満員で、急遽屋根付を増車していました。小雨が降っていましたが、渓谷にうっすら霧がかかり絶景となりました。

次の日は戦後最大の台風通過、そしてその次の日は中越地震と間隙を縫っての小旅行になってしまいました。次回は、紅葉の時期にゆっくりと行ってみたいものです。

ところで、帰ってきてから、急に「黒部の太陽」が観たくなり、ビデオショップや図書館を当たりましたが全然無し。インターネットで調べたら、石原裕次郎さんの意志により「黒部の太陽は劇場上映のみで、テレビもDVDもダメ」とのこと。尚更観たくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

恐れ入谷の鬼子母神

「朝顔市」へ行こう!!と、午後1時半に自宅を出発しました。上野駅から入谷方面へ歩いていくと、朝顔の植木篭を下げている人たちと出会います。入谷交差点につくと、機動隊が出ており交通整理をしておりました。凄い、凄い人混みです・・・・

Img_2431 Img_2429                               

氷柱の朝顔が素敵です。

2千円均一の朝顔の篭を買ってきました。どんな色を付けるかは、明日以降のお楽しみです。

ところで、その後、ここから歩いて5分ほどの釣具屋さんへ行き、「イカの仕掛け」を買ってきました。今年の夏は、イカ釣りデビューを果します。取り敢えず、スルメから始めるつもりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

ラスト10分

Img_2424 鬼退治は難しいです。午前中は沖の瀬を流していましたが、反応無し。後ろの方は、2鬼退治していましたが!!

潮が速くなり、城ヶ島沖へ移動。一投目にゴマサバが釣れ、早速餌にして投入。サメらしき当りがありましたが、3回ともハリス切れでした。

Img_2420 途中で、この赤い魚が2匹釣れました。

「この流しで最後です」と若船長。

2時20分頃でした。待望のガクガクがやって参りました。

本当に、本当に慎重かつ中速で、130メートルを巻き上げたのでありました。

Img_2426 しかし、何時見ても、鬼カサゴの目は可愛いですね。黄色い縁取りに漆黒の瞳、それをオレンジ色の肌が包んでいる。身は、薄いピンクを纏った乳白色であり、カンドーものであります。そして、おいしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

近づいても逃げません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ親子

カルガモ親子
小石川後楽園で、カルガモ親子−ヒナ8羽がお昼をとっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »